珠肌のうみつクリーム 成分

成分は卵の薄皮?何が含まれているの?

シワやしみに効果があると人気の珠肌のうみつクリームを使ってみたい。どんな成分でできているのか気になるという人のために、珠肌のうみつを詳しく説明します。

 

1.珠肌のうみつの主な成分は?

 

珠肌のうみつクリームは卵の成分がカギとなっています。「卵と美容」あまりピンと来ない2つです。それもそのはず、業界初の発見になるのです。

 

そもそも、卵は完全栄養食品と言われるもので私たちの身体にも良い食べ物として有名です。それと同時に卵には生命を育てる力があります。ご存知の通り、卵は温められ育てつづけるとひよこが産まれます。卵の中でひよこが歩けるまでに成長するのにかかる時間は21日間です。21日ですべての機能が成長し外界に触れることのできるパワーを身に付けることができるのです。

 

この力と深く関係しているのが卵の殻の内側にある「膜」なのです。「卵角膜」と呼ばれるこの膜は実は、私たちの肌バリア機能に近いパワーを持っていることが分かったのです。卵を研究している会社だからこそ発見することができたことなのです。

 

この卵角膜に含まれている「LOX卵角膜」が肌本来が持っている潤うことのできる肌をつくるために作用し、自ら潤うことのできる肌を作っているのです。

 

2.珠肌のうみつの他の成分

 

美容に関わる大切な成分が多く含まれています。

 

卵白ペプチドとよばれるものです。ペプチドというと大豆が有名ですが、卵白のペプチドは大豆を超える豊富なアミノ酸が含まれています。肌の皮脂と潤いのバランスをコントロールし肌を守ってくれる働きをします。

 

卵白以外にも3種類のペプチドが含まれています。この3種類を組み合わせることでより肌の奥にまで浸透させ、ふっくら肌へと導くことができます。

 

マカデミアナッツ、セイヨウトチノキ、シャクヤクの3種の植物成分が含まれています。肌にハリとアン力を与えてくれると同時にみずみずしい肌を保ってくれます。

 

分子量の違う2種類のコラーゲンが含まれています。コラーゲンはよく耳にする成分です。食べ物などからも摂取することができますが、毎日摂取し続けるのはとても難しいため、クリームとして毎日摂取できるのは嬉しいですね。分子量が違うコラーゲンを配合することで、肌の隅々まで潤いが行き届きます。

 

分子量の違う3種類のセラミドが含まれています。50代で20代の時の70%減少してしまうと言われているセラミド。セラミドは保水や保湿に優れており、美肌作りにはかかせません。外的刺激から肌を守るバリア機能も高めてくれます。

 

3.最後に

 

卵が主成分となっている「珠肌のうみつ」ですが、他にも美容には欠かすことのできない成分が多く含まれていました。肌の本来の潤いを取り戻すことでシミやシワの改善だけでなく他の肌トラブルの改善にもつなげることができます。身体にも安心な卵の成分を使って「目指せ!卵肌!」ですね。

 

>>珠肌のうみつクリームの効果をもっと知るにはこの記事

成分は卵の薄皮?何が含まれているの?関連ページ

珠肌のうみつクリームはどんな効果があるの?
珠肌のうみつクリームの効果は「お肌がピーン!」らしいですね。気になる珠肌のうみつクリームの効果の秘密♪業界初シワ専用プレミアムクリームはスゴイです。
業界初の卵殻膜化粧品【珠肌のうみつクリーム】
まさに「珠肌濃密」これ!業界初の卵殻膜化粧品なのですがタマゴのチカラがギュッと凝縮??お肌のハリや弾力に明らかに違いをもたらしてくれるはず。そんな珠肌のうみつクリームの効果と購入方法など。